こんにちは<m(__)m>

 

平成29年1月31日 「相続税対策を目的とした養子縁組が有効か?」が争われた訴訟の上告審で、最高裁は「無効になるとは言えない」という判断を示しましたね!!!

 

判決に興味持っていた方も多かったのではないでしょうか?

 内容は、2013年に死亡した男性が長男の孫と結んだ養子縁組をめぐり、男性の長女らが「養子縁組は無効だ!」と訴えたものなのです。

 

 これまでの裁判で二審の東京高裁では、「税理士が勧めた相続税対策が目的で、親子関係を真に作る意思はなく養子縁組は無効だ」と判断したため長男の孫側が上告していたのです。

 これについて平成29年1月31日に最高裁第三小法廷は、「相続税を節税する動機と養子縁組の意思は併存する。専ら節税のために養子縁組をしても、直ちに養子縁組が無効になるとは言えない」という初めての判断を示しましたね!

 

「相続税法」では、養子縁組で法定相続人が増えると非課税枠も増えるため、結果として節税につながります。

 

特に不動産をお持ちの方、相続に関するご相談は、不動産を専門とするグループ会社「株式会社fun」の「相続支援コンサルタント」へお問合せ下さいませ!!