自分の身なりを正すためには、人はまず鏡の前に立つ。鏡は正直である。

ありのままの姿を、ありのままにそこに映し出す。

自分のネクタイは曲がっていないと、頑固に言い張る人でも、鏡の前に

立てば、その曲直は一目瞭然である。

だから人は、そのあやまちを認め、これを直す。

 

身なりは鏡で正せるとしても、心のゆがみまでも映し出しはしない。

だから、人はとかく、自分の考えやふるまいの誤りが自覚しにくい。

心の鏡がないのだから、無理もないいえばそれまでだが、けれど、

求める心、謙虚な心さえあれば、心の鏡は随処にある。

 

自分の周囲にあるもの、いる人、これすべて、わが心の反映である。

わが心の鏡である。すべてのものがわが心を映し、すべての人が、

わが心につながっているのである。

 

古の聖賢は「まず自分の目から梁を取りのけよ」と教えた。

もうすこし、周囲をよく見たい。

もうすこし、周囲の人の声に耳を傾けたい。

この謙虚な心、素直な心があれば、人も物もみな我が心の鏡として、

自分の考え、自分のふるまいの正邪が、そこにありのままに

映し出されてくるだろう。   松下幸之助

 

格言部長は日々反省しております・・・